増資の手続き・費用や必要書類、登記の変更のやり方とは

増資の手続きについて

増資のために必要な書類は何か?司法書士に頼んだらいくらかかる?自分で増資の登記変更はできる?会社で増資をすることになった場合、どのような登記の手続きになるのか、必要な書類・費用などを踏まえながら流れをみてみましょう。

増資の種類について

会社で増資を行なった場合、法務局へ登記の変更届を提出する必要があります。増資には新株の発行・割当による増資・不動産や車などを資本に入れる現物出資、社長や役員の貸付金を資本に変更する(デットエクイティスワップ)などいくつか方法があります。今回は比較的オーソドックスな株による増資を行う場合の流れをメインで紹介します。

増資をする際の流れ

増資をする際の手続きは主に以下のような流れになります

  • 増資要項の決定・株主の選定/募集
  • 株主の募集
  • 株主総会での決議
  • 資本の払込み(出資の履行)
  • 登記変更のための申請書類の作成
  • 法務局へ登記変更の書類提出

増資の登記までの手続きはどのくらいかかる?

割当の場合は最短1日でできる場合もある

本来、割当で出資の履行を行う場合、「割り当てる募集株式の数」を前日までに通知が必要ですので最低でも2日はかかります。ただし、新たに増資で割当てる株を全て引き受ける先が決まっている場合などは、総数引受契約という形で行うことができ、この場合は前日に通知をする必要がないため最短1日で行うことができます。

最短1日で行う場合に気をつけるべきこと

1日で株主決議から登記の変更まで考えている場合、実際にはその後の総数引受契約締結・出資の履行まで全て行う必要があるため、タイトなスケジュールになります。

特に注意すべき点としては、譲渡制限付きの株式の割当を行う場合、株主総会の特別決議、もしくは非公開会社で取締役会が設置されている時は取締役会での決議が必要です。そのため取締役会が設置されている場合は株主総会に加え取締役会の開催も必要となるため、1日で実施できるスケジュールが組めるか注意が必要です。

また、総数引受契約で新たに複数の株主に第三者割当などを行う場合、契約書上で株主の名前や住所などが表記されることもあるため、非公開で進めたい場合には不都合が生じることがあります。

登記の変更に必要な書類

増資のための登記変更に必要な書類

登記の変更には主に以下の書類が必要です。

  • 変更登記申請書
  • 株主総会議事録
  • 取締役会の議事録
  • 募集株式の引き受けを証する書類 
  • 募集株式の申込書
  • 総数引受契約書
  • 払込があったことを証する書類
  • 資本金の額が会社法及び会社会計規則の規定に従って計上されたことを証する書類
  • 委任状(司法書士に依頼する場合)

変更登記申請書は、これまでの株主総会議事録や株式申込書など一連の手続きで作成した書類をまとめることで作成し、法務局に提出します。

*「払込があったことを証する書類」とは払込のあった銀行口座の名義・口座番号などが写った通帳表紙のコピーやその他払込のあった金融機関が作成した書面を元に作成します。

登記変更の費用はどれくらいかかる?

司法書士に頼んだ場合

費用は司法書士によってまちまちですが、およそ3~10万円ほどです。会社の資本金額や提出に必要な書類の作成など依頼する範囲によって変動することが多いです

また、この他に

  • 登録免許税(最低3万円 増資金額の0.7%)
  • 送料や登記簿謄本・印鑑証明取得費用などの実費

などが費用としてはかかります。登録免許税に関しては、増資の金額が210万円以下の場合は3万円、それ以上の場合は増資金額の0.7%となります。

司法書士に頼まず自分で行なった場合

司法書士に依頼しなくても、書類を用意して提出できれば自分で増資のための登記変更を行うことは可能です。その際は上記費用のうち、登録免許税と印鑑証明書取得費用などの実費部分だけが必要になります。

ただし、各種書類を作成したり割印など細かいミスがないか確認しながら行うのは多少手間がかかるといえます。

AI-CON登記を使えば1万円でカンタン作成

司法書士に頼むと3−10万円もかかって嫌だけど自分で調べながらやるのも面倒!という方には、AI-CON登記という民間のクラウドサービスの利用がおすすめです。質問に沿って答えていくだけで非常にカンタンに必要書類を作成することができます。

無料でお試しもできるので自分でやるか、司法書士に頼むか悩んでいる方はぜひ実際に試してみて決めてもいいかもしれません。

AI-CONを実際に試してみるにはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする